日々のこと、料理教室のこと...
あっという間に...


季節が巡っていく。

去年の初夏のお料理教室、
写真をお勉強されてる方が撮ってくださった写真です。
ズッキーニやとうもろこし、枝豆、トマトを使った野菜料理。
好きだったなぁ、このメニュー。





 phpto by kumi nakaya




 
日々のこと - -
いよいよ...

来月の料理教室は、おかげさまですべて満席となりました。
お申し込みをくださったみなさま、ありがとうございました。

『キャロットケーキの教室』は、少人数でちいさくやっています。
お友達のお家でお菓子を焼くような、のんびりした教室です。
また同じクラスをひらきますので、どうぞよろしくお願いします。



今月は都内のお仕事や、春のお仕事の打ち合わせ、はじめての形のお仕事、
いろんなことが平行しながら進んでいて、めまぐるしく毎日が過ぎていく。

そして何度も何度も打ち合わせを重ねてきた弥生さんの料理教室も、今週末になりました。
あしたから、本格的に準備です。
昨年の終わりにお知らせをしたときはまだまだ先....と思っていたけれど、
あっという間にその日はやってくる。

今年は、どんなお料理がテーブルに並ぶんだろう。
いよいよ、はじまります。



今週はひとりでごはんを食べることが多くて、
お家にあるもので簡単なものばかり作っています。
ルッコラのジェノベーゼと、ルッコラのお花のパスタ。



 
日々のこと - -

まだまだ寒い日もたくさんあるけれど、
先月の終わりには、うぐいすが姿を見せるようになって、
梅の花もちらほら咲き始めている。
春はもうすぐそこ、そんな気配をあちこちで感じます。
暦の上でも、春のはじまりです。

すっかり放置していたこの日記...。
書きたいことはいろいろあったのだけれど、
日々の忙しさに追われて、ついつい後回しになってました。
あたらしい季節のはじまりに、久しぶりに開いています。

季節がまた巡ったときに、なにかのきっかけになるように。
相変わらず不定期にはなるとは思うけれど、
日々の食卓のこと、その日感じたこと、
もうすこし書いていこうと思います。




昨年の秋、加計呂麻島の夕暮れ。

日々のこと - -
金木犀と茸の季節

9月もあとすこし。
今年は駆け足で夏が過ぎ、気付けばもう金木犀の香りがする。
秋のおいしい食材たちもたくさん出回りはじめていて、
夏の終わりは毎年さみしいけれど、食いしん坊にはうれしい季節です。
毎年秋になると思い出すのは、のらぼうの秋刀魚ごはんと栗ごはん。
今年は食べにいけるかなぁ。


長い長い夏休みをいただいていた料理教室も、再開しました。
秋の食材たっぷりの今月のメニュー。

マッシュルームとローズマリーのオイル漬けを仕込み中。




日々のこと - -
Nalu pu loa フリーマーケット!

海の日は、いつもお世話になっている美容室、
Nalu pu loaさんのフリーマーケットへおじゃましてきました。

今回は軽い食事にもなるような、塩味の粉ものを中心にご用意しました。
2種類のケークサレ、塩味のスコーンやマフィン、それに甘いものもいくつか。

Nalu pu loaのスタッフのみなさまの私物や、
アーティストのお客様の出店、料理家のみなさまの出店もありましたよ。
料理家の星谷奈々さんの器や焼き菓子。
ごはん同盟』しらいのりこさんのインドのおかあさん弁当。
CAFE TERVE!』の天然酵母パン。
千葉からいらしていた、かわいいカップケーキ屋さん。

大勢の方がご来場され、あたらしいつながりもたくさんできて、
飲んで食べておいしいたのしい一日でした。
Nalu pu loaのみなさま、ご一緒させていただいたみなさま、ありがとうございました!






日々のこと - -
パラグアイのスープ

イベントが終わった夜、眠い目をこすりながら料理をした。
冷蔵庫に残っていたキッシュに、
生クリームやチーズをたっぷりのせて焼いたグラタンのようなもの。

「Sopa Paraguaya みたいだね。」
と言われた。

「ソパパラグアージャ?」

直訳すると、パラグアイのスープ。
でも、スープだけどスープじゃないんだよね。と。


調べてみたら、
『パラグアイのスープ』という名前なんだけど、
とうもろこしの粉、牛乳、チーズ、玉ねぎなどをオーブンで焼いたもので、
スープという名前の、スープじゃない料理だった。ふーん。

そうか。土台にしたキッシュには、とうもろこしも玉ねぎも入っていた。
だから、Sopa Paraguayaみたいな味だったんだ。


そういえば、先月つくった料理は、
「グルジアの料理だと思った。」と言われた。


パラグアイも、グルジアも。
国の名前は知っているけれど、見知らぬ国。
近所で買った食材で、遠い異国を旅できる。
料理って、おもしろい。



パラグアイのスープの写真はありませんが、最近のごはん。



天野さんと食べた、ある日の朝ごはん。





ある日のお昼ごはん。
料理教室や試作の残ったもので。


日々のこと - -
手を動かすこと

雨続きの毎日から一転して、青空の広がる毎日。
蝉が一気に鳴きはじめて、夏本番のような暑さになってきました。


昨日は千夏さんのワークショップでした。
ご参加くださったみなさま、そして千夏さん、ありがとうございました。

はじめてこの場所へ足を運んでくださった方もたくさんいらっしゃいました。
長い長い階段をのぼって、はるばるありがとうございました。


手を動かしてなにかを作るって、いいなぁ。
みなさんの真剣な作業を見ていて、わたしも一緒に作りたい。
前回も今回も、思いました。


どんな組み合わせにしようか。
どんな色使いにしようか。
太さはどうしようか。長さはどうしようか。
できあがりを想像しながら、素材を選んで、手を動かして、また考えて。
どこか料理に似ているのかもしれない、なんて思いました。






昨日のワークショップのランチ。
(写真を取り忘れてしまったので、今朝残っていた食材で作ったものです。)




・大豆とひよこ豆のディップ
・自家製セミドライトマト
・人参のラペ
・グリーンサラダ
・きのことじゃがいもの冷たいポタージュ
・CICOUTE BAKERYのくろカンパーニュ



日々のこと - -
Soloris Works

同じ鎌倉の町で暮らす涼子ちゃんは、とても才能あふれるお友達。
シネスイッチ銀座の映画絵日記も描いていて、
まるで魔法のように、すてきな絵と文字と文章をつくりだしていきます。

その涼子ちゃんが、うちへあそびに来てくれた日のことを絵日記に描いてくれました。
自分がつくったごはんを、こうして記録してもらえるって、なかなかないことです。
美しいごはん...まだまだほど遠いけれど、すこしでもそんなごはんに近づきたい。
涼子ちゃん、ありがとう!

Soloris Works → Click here!!



撮影も無事終わり、次の仕事がはじまります。
昨日の撮影のひとこま。


日々のこと - -
かき氷

とある撮影のため、かき氷の試作中。
味見してくれた友達は、大絶賛してくれた。

どんなシロップがいいかなと想像したときに浮かんだのは、定番のいちごやレモン。
ちょっと贅沢な材料でつくっています。

 


日々のこと - -
あたりまえのような、ありがたい毎日

時々イベントのお知らせを更新するものの、
すっかりご無沙汰の日記になってしまいました。

今年に入ってから、いろんなお仕事をいただいていて、
毎月あれこれたのしくやらせていただいています。
イベントでのお菓子の販売や、雑誌のお仕事、
器の展示のレセプションの料理や、rootの季節のレシピ提案など。


先日、大好きなおばあちゃんが天国へと旅立ちました。
なんだかまだ心にぽっかりと穴が空いたままだけれど、
99歳、長生きしたね。
おばあちゃん、ほんとうにありがとう。


朝起きて、コーヒーを淹れて、ちょっぴりギターの練習をして、
仕事をして、ごはんをつくる。
そんな毎日です。

あたりまえのようなこの毎日は、とんでもなくありがたい大切なもの。
おばあちゃんとのお別れや、昨日久しぶりに大きな地震があって、
あらためて実感しています。


今週末は、徳島『14g』さんでのイベントです。
今日から本格的に準備をはじめます。



今日の朝ごはん。
mikurieのりえちゃんのパンと、塩バターとはちみつ、そしてコーヒー。

 
日々のこと - -
| 1/6 | >>